space report-title



『音楽は素敵だ』
中島梓さんの最後の舞台作品となった、『タンゴ・ロマンティック』の中の台詞です。舞台やライブ活動を通じて数多くの歌を生み出してきた中島さんの音楽ときいて、一番に浮かぶのがこの言葉です。

中島梓さんは、舞台やライブ活動を通じて、多くの演者や奏者、そして歌い手との共演をしています。今回の企画で揃ったのは、花木さち子(ボーカル)、坂元理恵(フルート)、柚木菁子(チェロ)、高島正明(ピアノ)の皆さんです。共演歴があるのは、花木さん、坂元さん、柚木さんの三名ですが、「姫×4」「さくら・さくら」など主に大正浪漫をモチーフにした華やかなライブで共演されたメンバーであり、企画を聞いたときから楽しみでした。

中島さんが、音楽で表現されようとしていたことを思う時、ミュージカルなどの舞台と、スタンダードなライブ活動のはざまに位置するものとして、『神楽座』や『花陽炎』シリーズなどでは歌と物語の融合を、『音とコトバの素敵な関係』シリーズなどでは、スタンダード曲を歌詞だけ変えて独自の世界にするといったことが行われています。それらは、「中島梓の音楽」が、単に「一曲の歌」でなく「物語」や「言葉」とのかかわりを深くもって、さまざまな表現、実験的な試みをしていたことの表れであり、「中島梓の音世界」を語るうえで外すことのできないことだと思います。

今回集ったメンバーのうち、歌姫である花木さんは、舞台にも多く出演された女優さんではありますが、より、この音の世界に深くかかわっていた方だと思います。
舞台にあてがきがあるように、ライブで繰り広げられた音世界では、花木さんに触発された作品もたくさんあったと拝察しますし、その表現したいことを、花木さんだからこそ歌い演じ、そして、一緒に作り上げることができたともいえるであろう、最大にして最高のパートナーといった欠くことのできない存在だと思っています。

また、柚木さん、坂元さんは、中島さんがお芝居からライブ中心になってきた頃に、「着物」「桜」などを題材に、明るくて華やかで楽しいライブを行っています。その女性らしい華やかさに加え、確かな実力も、音の個性もある方々で、二つの楽器がこんなに多彩な音を持つのだということを改めて知りました。
そして、数名の構成で、ミュージカルでオケ使ったような大曲を、ライブ毎の構成メンバーの楽器による、時々のアレンジを加えながら演奏されるなどを行っています。
中島さんが、舞台活動からライブ活動に移行される中で、ミュージカルや歌物語のような舞台形式の中の一曲ではなく、ひとつの楽曲として、過去作の音楽をライブ形式で奏することができたのは、この表現力豊かな、お二人の奏者を得たことが大きいのではないかと思っています。毎回、次はどんな曲を演奏していただけるのだろうと楽しみでした。そして、中島さんもこのメンバーのライブの話を楽しそうに話されていたことをあわせて思い出します。

さて。前おきが長くなりましたが、そんなメンバーがそろったライブですから、もちろん、期待は高まります。

report-photo
一幕は、このメンバーの十八番ともいうべき、大正浪漫の世界をモチーフとした曲でした。
「上海ワルツ」からはじまって、「Old Diary」「上海哀歌」。
この流れは、『タンゴ・ロマンティック』の舞台を思い起こさせます。登場した時はすでに、花木さん……ではなく、たたずまいもすべて、ヒロイン・白蘭であり、歌姫の美声に酔いしれる、舞台である「秋琴楼」が現出されたかのようでした。
そして、MCを経て、インストで「大正浪漫」。弦の響きが心地よく、きらきらとしたピアノの音と、通り抜けてゆくような管の調べ。歌姫の言葉に誘い込まれるままに音楽に身をゆだねて、何かの幕開けを待つかのように、此方と彼方をたゆたいます。
そして、「紅椿」。多くの歌い手の方が歌われ、十人十色なのですが、やはり、花木さんの「紅椿」は格別です。歌の向こう、物語の世界へと確実にいざなってくれる心地がするのは、やはり花木さんの歌声の魔力でしょうか。
そして、明るく「大正ワルツ」と「おみな―情死の章―」。
「おみな―情死の章―」は、リクエストもさせていただきましたが、中島さんの音世界の中でも、特徴的な一曲だと思います。
花木さんの情緒的な艶やかな歌声だけに聴き入っているつもりでいると、いつのまにか他の楽器の音が、体中にまとわりついていると気付く、あの感覚。滅多に味わうこと出来ない感覚ではありますが、中島さんのライブでは、とても馴染みのある感覚で、また味わえたことが嬉しかったです。
そして、もっと明るく「大正ラプソディ」。歌声とそれぞれの楽器がデュエットしているかのようなきらびやかな音の乱舞もまた、中島さんの音楽の特徴ですね。
一幕ラストは「浅草ワルツ」。ミュージカル『天狼星』で奏者も歌い手もたくさん揃って披露された、一筋縄でいかないどころか何本の縄が絡まっているのかわからない難曲。全編を様々な声色の変化を重ねながら歌い上げる花木さん、そして本当に三人しかいないのか? と思わせてくれた奏者の皆さん。とても素晴らしい演奏でした。


二幕は、「KILALA」から始まりました。
モチーフとしては、任侠ものの硬派な世界。それもまた、ひとつの主流をなすもので、『KILALA』の舞台だけでなく、『キャバレー』や『ペンギン』などなど、曲の向こうに数々の舞台が思い起こされました
そして、ゲストに『神楽座』のメンバーでもあった中山浩さんと葛城七穂さんを迎えて、朗読劇「一角獣(ユニコーン)の夏」。

report_katsuragi

メロディにのる歌声の高低とは違う、朗読される言葉たちの響きの美しさ。まっすぐに届く「言葉」そして「物語」。その「言葉」の向こうに流れ続けている「音楽」。
太陽のきらめきのような、恋心のきらめきのような。通り過ぎていく夏のきらめきのような。きらきらとした音。つかまえ損ねた切なさ。追ってゆく、置いてゆく、老いてゆく、切なさ。物悲しい音。そして、遠く近く響く歌声。
高原の遠い夏に誘われて、物語の世界を旅するような、主人公と共に一つの人生を生きるような。これもまた「中島梓の音世界」を語るうえで、欠かすことのできない物語と音が融合する、稀有な世界です。またあの世界に行く事ができたことを、心から嬉しく思います。
そして、『音とコトバの素敵な関係』シリーズから、「Fly me to the chiken」と「Tea for two」。このシリーズはやはり、花木さんのエンターテイメントさが光りますね。本当に楽しい、そして、よくよく聞くと光にさす影の怖さ。栗本薫名義の著作にも通じる中島さんらしい物語がそこにあります。
そして、JUNE系の耽美な世界、「ヴァンパイアワルツ」。
たわいのない笑い話交じりのMCなのに、花木さんの語りと共に、舞台での登場人物が現出してくるかのような思いに。そして始まる音楽。稀代の歌姫・マリアンヌの歌声は、甘く切なく美しく。月の光のごとく冴え冴えとして、あの麗しくも妖しい洋館に迷い込んでしまったかのようでした。
続いて。「夢のワルツ」「パロのワルツ」と、インストで繰り広げられるワルツの世界。
チェロとフルート、そしてピアノ。たった三つとは思えない華やかな音たちが作りだす、文字通り夢のようなワルツの響きは、思い出のゆりかごのように心地よく、音の世界にいざないます。ワルツが好きで多くのワルツ曲を残しましたが、この夢と現と音楽と、三拍子の振り子のような、おぼろで曖昧な、揺れる心地。そんな中にも「中島梓の音世界」が息づいていると思います。
そして、ミュージカル『グインサーガ 炎の群像』から、「蜃気楼の恋歌」。
生まれる前から知ってたような……初めて聞くかもしれない、それなのに、なぜか懐かしい。そんな思い。前世とか現世とか来世とか。何かを超えて、蜃気楼の幻の中にだけあるもの。楽曲の奏でられる間だけ存在するひとときの恋。
それもまた、中島さんの音楽がいつもみせてくれた幻の世界でした。
そして、リクエストも多い曲の「豹頭王グイン」に、「Dream Again」。
こちらも「浅草オペラ」とはまた違う意味での難曲。大きな流れも小さな流れもあり、さまざまな場面を歌い継ぐ歌です。細やかに声色を変え、表情を変え、あの懐かしの舞台、いつも心の側にある物語のテーマ曲を、その本質をあらわす言葉も情景も登場人物たちも、色鮮やかに演奏され、壮大に歌い上げられました。花木さんの声の多彩さに、改めて感服です。
そして、アンコール曲は「Morning Light」。
光をもう一度……『Una canzone』の天井画は、神様のいる美しい宗教画でした。
あたかもその天から降り注ぐような歌声、そして音楽。美しい情景が、音楽が、世界が、そこにありました。また、あの音に触れる事ができたことが、とても嬉しかったです。
『音楽は素敵だ』
その言葉が、あらためて心に響く、そんなライブでした。

report-photo

さてさて。
改めて、中島さんの音楽「中島梓の音世界」について思いをはせてみます。
もちろん、中島さんの中にあったものではありますが、今回、ライブを開いてくださった皆さんのように、共に演じ、奏し、その世界を現出させることに心砕き、技術を駆使して下さった方がいたからこそ、成立しうるものだったのだと思います。
そして、今回、舞台上にも観客席にも、懐かしい顔が揃いました。ライブ前にたわいのない話をして、近況を語ったり、旧交を温めたりと、「同窓会のようだ」との声もありましたが、ライブ会場を包む和やかな雰囲気は、覚えのあるものです。野暮ですが、その中心の不在を嘆く気持ちがよぎるのは、勘弁していただきたいところ。

中島さんには、ライブごとにこのようにたわいのない感想をいっておりましたが、特に、当方の好きな歌い手さんの持ち歌を別の方が歌うときなど、中島さんご自身からリサーチが入ったりしておりました。そんな風に、音楽に向き合うこちら側で、ともにその世界を見つめ続けていた多くの観客たちもまた、「中島梓の音世界」を構成し、推進する力になっていたのだと、思っています。

ライブから数日あけ。
「花木さち子」という歌姫や「Ris&Seiko」という愛らしいユニットが、中島さんの創作物でなく、実在する人物であることを、今回、確認できたことの幸せを思っています。
「中島梓の音世界」を表現するにあたって、美貌や歌声といった天賦の才に加えて、要求高そうな楽曲に答える技術もあり、そして、もしかしたら、一番必須項目かもしれないMCなどでうかがえるお人柄なども含めて、なんて最適な人物なんだろうと思います。
以前、中島さんと、戯れに「近所のCDショップで矢代俊一のアルバムが売っていない」という話をしたことがありました。
こんな稀有な歌姫が存在する方が、矢代俊一君が存在するよりも難易度高そうなのになと、世の中はままならないものだなと思うのです。

また次回、メンバーが集いライブを行うことが決定されたようです。
話が最後になってしまいましたが、今回、ピアノを担当された高島正明さんに、中島さんがこんな風に演奏していたんだと口三味線で伝えたというMCがありました。
高島さんのきらきらとしたピアノの音に、どこか懐かしく感じたのは、そんな理由があるのでしょう。
中島さんご自身は、ピアノ奏者でした。ボーカルという花形がいても、「中島梓の音世界」は、ピアノが座長であったなという気がいたします。ピアノの音が懐かしい思いがするのは嬉しいことです。
「中島梓の」ではありますが、演者の皆さんは、その音世界の一部です。そして、聴いていた観客もまた、耳に、思いに、その音世界を残しています。
演者の皆さんの中に、観客の皆さんの中に、中島さんが記した「音世界」。
観客はただ、演者の開幕の声を待つ身であり、また、幕を開けてくださることで、あの世界に連れて行ってもらうことができます。
今回、新たに「中島梓の音世界」に触れた方々 がいらっしゃたようです。 そんな皆様の中に新しく生まれる「音世界」。やがて根付き、聴くだけでなく奏してくださる方などもいて欲しい。もっともっと、この世界を共有し、そして、共感していただける方が増えるといい。そんなことを願います。

そして、この「中島梓の音世界」の公演が、2回、3回と、いつか100回ぐらい回を重ねるうちに、此方と彼方とのはざま、物語の世界との境界線が危うくなって、矢代俊一君がうっかりゲストで登場したりしないかなと、願ってみたりしています。

よいライブでした。この企画に携った皆様、すべてに感謝いたします。
それでは、また次回。楽しみにしております。

高 倉 夏 樹


spacekazarikei